蟹座の相性

【12星座相性】蟹座と山羊座は「心」と「モノ」を両立していける!

こんにちは、元占い師ブロガー・「雑草の一花(@zassou_ichika)」です。

12星座の相性占いを全パターン、コンプリートに向けて連載中です。

さて今回は蟹座と山羊座です。

一言で言うと、蟹座と山羊座は「喧嘩したりぶつかることもあるけれど末永く続けていくことのできる良い相性」です!

お互いを強烈に意識しあう間柄になりますし、それゆえにライバルになったり相手の良くない面が見えやすかったりはします。

しかし蟹座と山羊座の場合、相手を理解することが自分を理解することにも繋がります。

相手が自分を補ってくれる存在だということに気づけば、かけがえのないパートナーにもなりうる相性だと思います。

蟹座と山羊座の共通点は「組織を作る」ということです。

蟹座的組織と山羊座的組織では性質が異なります。

蟹座の組織は「心をひとつにしたヨコの繋がり」、山羊座の組織は「共通の利益や目的を追求するタテの繋がり」という感じです。

蟹座と山羊座、その両方の性質をうまく組み合わせれば「最強の組織」が作れるのではないでしょうか。

ということは、蟹座と山羊座で会社を作るもよし、夫婦や家族といった小さな組織(?)を作るもよし、と言えますね。

雑草の一花
雑草の一花
では、具体的にはどんな感じなのか詳しく見ていきましょう!

蟹座と山羊座が良いコンビである理由

組織とか会社に例えると「相性」としては分かりにくくなるので、一対一の関係に話を戻しますが。

蟹座と山羊座は占星術上では「オポジション」という対角線上に存在する配置になります。

この配置は、自分の「裏の側面」を相手が持っている、という関係と言われます。そのような意味で二人で一つ、といった関係です。

蟹座が持っているけど普段は隠している側面を山羊座は持っていて、山羊座が持っているけど普段は隠している側面を蟹座は持っている。

こういう関係の場合、自分の「裏の面」を十分に認められない段階では、相手のことが疎ましく感じることでしょう。

自分のコンプレックスや嫌な部分を相手が素直に表現しているような気がして腹が立つ、というか。

しかし「これも自分なんだ」と受け入れることができたならば、一歩前進することができます。

そのような意味で、蟹座と山羊座はお互いにそのチャンスを与えることができる、成長することができる関係なんですね。


蟹座は家庭を守るのが得意

具体的には、蟹座は「家」という意味を持つので、安心・安全な場所を作るのが得意です。

もちろん、家庭を作るのにもむいていますし、家族的な会社も作れます。

安心・安全であるためには、皆の心が一つでなければなりません。

心を一つにして助け合うようなあったかい関係を作れるのが蟹座のいいところですね。

山羊座は社会的成功を目指す

山羊座はコツコツと成功を積み上げて、最終的にトップに立つという人生観を持っています。

山羊座には努力と根性があります。ズルイことやって人を出し抜くのではなく正攻法で攻めます。

蟹座は心を一つにしたい気持ちがありますが、山羊座は現実的なのであまりそこには重点をおいていません。

情けは人の為ならずという感じです。

蟹座と山羊座では考え方が違うのですが、仕事と家庭、どっちも大事なのはいうまでもありません。

ですから、蟹座と山羊座が協力して温かい家庭と社会に役立つ仕事とを両立させていくことができたら理想ですね。


蟹座と山羊座の共通点とは?

もちろん、蟹座と山羊座は違うところばかりではありません。共通点もあります。

上に書いた、「組織をつくりがち」というのもその一つですね。

あともう一つは性格面で「心配しやすい」というのがあります。

心配しやすいとどうなるのか?というと、新しいことを取り入れる時に慎重になるので、古風な感じになりますね。

そうなると、自ずと「どんな家庭を築きたいか」「どんな仕事をしたいか」みたいな面で意見は一致しやすくなります。

蟹座と山羊座だったら、堅実で安定した人生を送れそうですね。

蟹座から見た山羊座はこんな人

蟹座は中小企業の社長みたいなノリで、山羊座は大手企業のビジネスマンみたいな感じです。

人情を重視する蟹座にとっては、山羊座はちょっとビジネスライクというか冷たい印象も受けるかも知れません。

また、山羊座の「人の上に立っていきたい」という姿勢が、蟹座の「みんな仲良く」という理想からは外れているので反感を覚えることもあるかも知れません。

ちょっと冷たいし、世界観は殺伐としてるけど、相当デキる奴。

蟹座は山羊座にとってそんな「有能なライバル」みたいなイメージを抱くかも知れませんね。


山羊座から見た蟹座はこんな人

山羊座は蟹座を見て、「なんでそんなに感情の赴くままに行動できるの?」と不思議に思うかも知れません。

山羊座にとって感情ベースのやりとりは「足を引っ張り合う」みたいな、ちょっとウザいような存在なのでしょう。

事実に基づいて行動したい山羊座には、感情を重視する蟹座の気持ちは図りかねるところはあります。

蟹座は感情的でわがままなんだけど、人から憎まれているわけじゃなくむしろ慕われています。

山羊座にしてみれば、それが羨ましいという気持ちもあるかも知れませんね。

蟹座が山羊座と付き合う上での注意点

感情的な蟹座と実際的な山羊座ですが。

蟹座から感情を取ってしまったら自分らしさを失ってしまうので、むしろ感情を抑えずそのままありのまま、真正面から山羊座とぶつかって行った方がいいのではないかと私は思います。

山羊座が「人間は感情で動く動物なんだ」ということを理解してもらった方が、今後の自分のためにも相手のためにもなるのです。

蟹座は山羊座のために、ぜひ心の面でのサポートをやってあげてください。

その時に「自分だったらこれが嬉しい」ということをしてあげるよりも、想像力を使って

「山羊座のあの人なら、こんなことが嬉しいだろうな」

ということをやってあげることができたら尚更良いと思いますよ。

たとえばですが、健康面とか栄養面とかの体のケア系なんていいかもしれません。


山羊座が蟹座と付き合う上での注意点

山羊座は結果や成果が出た時には人を褒めるかもしれませんが、そうではないときの評価はシビアなんじゃないでしょうか。

しかし、蟹座のやっていることはたとえ結果が伴わなくてもそれはそれは一生懸命だったりします。

ですから、蟹座には「褒めて伸ばす」というか、気持ちが上がるように持って行ってあげることが大切です。

どんな行動にだって良い面はあるはずですから、そこを見つけて評価してあげると蟹座との関係は良好になっていくでしょう。

いつもより多めに「ありがとう」と言うとか、「私もそう思う」と共感の言葉をかけてあげるとか。

蟹座の大切にしている「感情」にもっと焦点を当ててみてみると、山羊座自身もまた先に進むヒントを得られると思いますよ。


まとめ。蟹座と山羊座はお互いのやり方を参考にすればグレードアップできる!

蟹座は感情ベースで動きますが、感情ってなかなかコントロールすることは難しいものです。

そうすると必ずしも良い方向に向かうとは限らず、停滞したり迷走してしまうこともあると思います。

そこで山羊座のロジカルな考えは役に立つと思います。

なぜそう思うのか、この感情は具体的にはどのような落とし所があるのか。

感情を建設的な方向へ持っていくことができれば、大きく前進することができるでしょう。

一方の山羊座は、事実ベース、成果重視で動きますが、誰も感動しない結果や成果で本当に満足できるのかは良く考えてみた方がいいです。

そのためにも、蟹座の感情は山羊座にとって研究するに値します。

「人はこのような時にどう思うか?」ということが手に取るように分かるようになってこそ、真の成功をつかむことができるでしょう。

よく「仕事と家庭どっちが大事なのか?」みたいな問いにぶちあたりますが、当然「どちらも大事」です。

仕事によって豊かさを得ることができれば家庭生活は楽しくなります。

家庭によって安心感と幸福感を得られれば仕事ももっとうまくいくでしょう。

家庭の蟹座と、仕事の山羊座。

このふたりなら、仕事と家庭を両立させ、着実に成功へ向かっていくことができそうです。

雑草の一花
雑草の一花
今回の記事は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました!

今までに書いた12星座相性記事はすべて「12星座相性占い」のカテゴリにあります。他の星座の組み合わせもチェックしてみてくださいね!

12星座の相性を表にして全体像を説明している記事もあります。

12星座の相性占い。一覧表でいつでもどこでも相性をチェック!12星座占いでの相性を一覧表にして解説しています。恋人・片思いの人・家族・職場などの人間関係をかんたんに調べることができます。星占いは、小説や漫画の創作の際に人物像を考えるのにも便利です。...
関連記事