【12星座相性】蟹座と水瓶座は全く違うからこそ連携して行こう!

スポンサーリンク
蟹座の相性

こんにちは、元占い師ブロガー・「雑草の一花(@zassou_ichika)」です。

12星座の相性占いを全パターン、コンプリートに向けて連載中です。

今回は、蟹座と水瓶座。

蟹座と水瓶座はまったく価値観が違う組み合わせなので、意気投合することはちょっとハードルが高い二人かもしれません。

一般的に星占いでは「相性の良くない組み合わせ」とされてしまっているのが現状です。

しかし意見が異なっているということは「決して飽きることのない組み合わせ」とも言えるわけです。

自分と同じ人間がふたりいたってつまらないですから、常に違う意見を言ってくれる相手は自分にとって刺激になります。

一言で言うと「お互いを鍛えるような相性」とでも言いましょうか。自分にない要素を相手が持っているのはとても勉強になることですね。

一方「意見が違う」ということは当然ながら自分が良かれと思ってやっていることが相手にとってはありがたくなかったりもします。

ですが予めそういうすれ違いの出来事が起こりやすい相性ということが分かっていれば、お互いの着地点も見つけやすくなってくるのではないでしょうか。

それではまず、蟹座と水瓶座がどのように異なっているかという点から解説していきます!

スポンサーリンク

蟹座と水瓶座はどんな点が全く違うのか?

蟹座は「水の活動星座」です。

水の要素は「人の心と心を一つにして溶けあっていく」ような状態を理想とします。

活動星座ですから、それを積極的に推し進めていきます。

水瓶座は「風の不動星座」です。

風の要素は非常に知性的であり「物事があるべき場所にきちっと治っているような状態」を目指します。

不動星座ですから、継続的にずっと物事を知性で割り切る行動をしていきます。

これだとちょっと具体的ではありませんので、蟹座と水瓶座それぞれの性質についてもう少し詳しく説明していきますね。


蟹座は「ファミリー」をつくりたい

蟹座には「家」「家族」という意味があります。

家族ですから、ひとつ屋根の下に暮らし同じ釜の飯を食い、同じ価値観のもとで仲良く暮らすような感じです。

実際の家族でなくとも、蟹座は「仲間」を作りたがります。

人と人とを繋ぎあってファミリーのような集団を作り、その中で和やかな気持ちで過ごしたいです。

そういう理想を持っている蟹座にとっては、「家族」の方針に異を唱える存在がいたとしたら「目の上のたんこぶ」になりますね。

水瓶座は「独立した個人」になりたい

一方の水瓶座はいくら「家族」と言っても意見が合わない人に合わせる気持ちはありません。

自分は自分他人は他人。個性を確立した上で win-win の関係になれるような相手と、その都度交流して行けばいいと思っています。

ですからもし蟹座が「自分のファミリーに入ってよ」と要求してきても水瓶座の人は乗り気にはならないでしょう。

どこにも属していないということが水瓶座にとっての誇りだったりするのかもしれません。

余談ですが、星野源さんは水瓶座なので「うちで踊ろう」の「僕らそれぞれの場所で 重なり合うよ」という歌詞が出てくるんでしょうね。

それぞれの場所で離れてそれぞれの人生を送ってるけど、重なり合える。そのことを信じてるからこそ、心置きなく離れていられる…というのはいかにも水瓶座的な感じがします。



スポンサーリンク

蟹座から見た水瓶座はどんな人か?

一切周りを気にせず我が道を行く水瓶座を見ると蟹座は「何て頑固なんだろう」と思うかもしれませんね。

割り切りがすごいので、「まるで機械のように冷静で冷たい」なんてイメージを持つことも。

その一方で確固たる自分を持っている水瓶座を蟹座は「羨ましいな、憧れるな」と思う気持ちもあるでしょう。

蟹座にとって水瓶座は「ちょっと近寄りがたいような雰囲気」を持っている存在かもしれません。

水瓶座はあえて空気読まないところもあるので「個性的で変わった人」という印象にもなるでしょう。

スポンサーリンク

水瓶座から見た蟹座はどんな人か?

蟹座は非常に面倒見がいいです。どのくらい面倒見がいいかというと、「母ちゃん」に例えられるくらいです。

蟹座は周りの人に声をかけ「何か困ってない?」とか「もっとこうした方がいいんじゃない?」と心配して回っています。

独立心の強い水瓶座はからすると、そのような振る舞いは正直「うざい」「ありがた迷惑」と思ってしまうこともあるかもしれません。

また、蟹座の人が徒党を組んでいるのをみて「一人じゃ何もできないのかよ」と感じるかもしれませんね。

水瓶座にとっては、蟹座の行動が少し前時代的に映る可能性は高いと思います。


スポンサーリンク

蟹座が水瓶座と付き合う上での注意点

水瓶座が好ましく感じる人間像は「自分のことを分かっている人」であるように思います。

みんながこう言っているから…とか、自分の好きなあの人がこう言ってるから…みたいな曖昧な基準で判断していたら、水瓶座に軽蔑の目を向けられてしまうかもしれません。

蟹座が自分の頭で考え、自分の感情をうまく説明できるように訓練してくれるのが水瓶座なわけで。

それが達成できたら水瓶座はおそらく、蟹座の意見を尊重してくれますし、バックアップしてくれるようになるでしょう。

蟹座は家族のような集団を好みますが、同じ家族でも「風通しの良い、なんでも言い合える家族」みたいな雰囲気を目指していけば水瓶座の目指すものとも合致していくと思うのです。

蟹座は感情の赴くままに言葉をバーっと出せるのは長所でもあるのですが、感情によって水瓶座の重じている「知性・理性」を歪ませてしまってはいけません。

身内を愛するがあまり、敵を激しく攻撃するというのも水瓶座にはあまり好ましくないでしょう。

蟹座が水瓶座と仲良くしたいのであれば、器を大きくしなければならず「全人類みな家族!」くらいの精神で行ってみましょう。

スポンサーリンク

水瓶座が蟹座と付き合う上での注意点

感情的な蟹座は、冷静な水瓶座にとっては理解しにくい部分もあるかと思います。

しかし「物事が全て理性で割り切れるとは限らない」という大事な真実を蟹座は教えてくれる存在です。

どんな立派な人であっても、悲しい時は泣いてもいいし、ドロドロした感情を抱いたっていい。

「みんな弱い存在なんだよ、だからみんな一緒にまとまっていようよ」というメッセージを蟹座は発しています。

いくら大人意識の強い水瓶座であっても、子供時代はあったはずです。母かその他の人か、誰かしらに育ててもらったからこそ大人になれたわけで。

そこを忘れてしまうと、「自分の成功は自分が頑張ったから」と思い込み、傲慢な人間になってしまうでしょう。

水瓶座は独立心が強いですが、みんなに支えられてもいるんだということを念頭に置いておいて欲しいと思います。

理性や知性だけで進んでいく世界は息苦しくもなります。たまには蟹座の好意に甘えてみることも新たな自分の発見に繋がるでしょう。


スポンサーリンク

まとめ。蟹座と水瓶座はお互いの意見を取り入れればさらに強くなれる!

蟹座は「母ちゃん」で、水瓶座が「家を出て独立企業した子」みたいなイメージです。

つまりは全然違う性質なのですが、お互いがやってることがさっぱりわからなくても、感謝したり尊重したりすることはできるはず。

母ちゃんは、独立企業した子に心の面での支援をしてあげることができます。

独立企業した子は、母ちゃんの生活を便利にするアイディアをもたらすこともできます。

これは決して一人ではできないことなんですよね。

母ちゃんは「家を継いで欲しかった」とか、子は「自分にしかできないことをしたかった」とか、それぞれ思惑は違うでしょう。

でもそれは置いておいて、お互いの立場や個性を認めればオーケーなんです。

許さない!って断絶してしまうのはもったいないこと。

ぜひ蟹座と水瓶座は、わからないからこそ、相手の言っていることに耳を傾けてみるということを心がけてみてください。

そうすることで、お互いを強く大きい人間に鍛えることができ、一人では達成できない新しい何かがもたらされるはずですよ。

雑草の一花
雑草の一花
今回の記事は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました!

今までに書いた12星座相性記事はすべて「12星座相性占い」のカテゴリにあります。他の星座の組み合わせもチェックしてみてくださいね!

12星座の相性を表にして全体像を説明している記事もあります。

12星座の相性占い。一覧表でいつでもどこでも相性をチェック!
占い師をしていて面白いのが、身近な人の誕生日を調べて 雑草の一花 あーあの人何座なんだな〜わかるー ...
タイトルとURLをコピーしました