牡牛座と蟹座の相性は良い!安心で快適な家族を作るのにも向く関係!

スポンサーリンク
牡牛座の相性

こんにちは、元占い師の一花です。

数日前、某電子決済システムと某衣料品大手チェーンがコラボして「その決済システムを使うと衣料品1枚タダ」というキャンペーンをやっていたそうですね。

しかしサーバーに負荷がかかりすぎ、決済に時間がかかったりエラーになったりしてしまうという問題も起こりました。

「新しいもの」にはこのように、どんな不具合が潜んでいるかわからないものです。

今回取り上げる牡牛座と蟹座はめったにこのような新しいものにはすぐに飛びついたりはしません。損をする可能性も高いからです。

牡牛座も蟹座も基本的には新しいものにはまず疑いの目を向け、否定的な見解を示します。今回のように「お金」という自分の大切なものに危険が及ぶ場合だったらなおさらでしょう。

雑草の一花
雑草の一花
自分の身体や財産を守るためには牡牛座や蟹座の「守り」の戦略は大いに有効だと思います。たとえ現代のように次々と新しいものが生まれては消えていくような世の中であっても…です。

手持ちのお金を増やそうとして攻めの姿勢になり、投資して失敗するのでは元も子もありませんからね。牡牛座的・蟹座的な「守り」の考え方は情報に溢れた現代だからこそ、より一層大切になってくるのではないかと思います。

「牡牛座と蟹座の相性」ということだったのですが、だいぶ脱線してしまいました。牡牛座と蟹座の相性は「守る」という面で方向性が一致しているので良い相性と言えます。

ただ牡牛座と蟹座とでは「意思決定のプロセス」に大きな違いがあります。違いをお互いに理解した上でなら、さらにもっといい関係が築けることでしょう。

  • 牡牛座の方で蟹座との関係を良くしたい方
  • 蟹座の方で牡牛座との関係を良くしたい方
  • 関係ない星座だけれども牡牛座と蟹座の関係を知りたいという方
雑草の一花
雑草の一花
何かの参考になれば嬉しいです!
スポンサーリンク

牡牛座と蟹座の共通点は「守りたい」

繰り返しになってしまいますが牡牛座も蟹座も「安全第一」であり自分の周りを快適に保ちたいという気持ちが強いです。

牡牛座は「守り」一辺倒と言うか、自分から安全を勝ち取るための戦いに挑んでいくようなことはあまりありませんね。逆に蟹座は安全・安心が損なわれそうな場面に遭遇すると自分から動き、積極的に危険と戦っていく傾向があります。


スポンサーリンク

牡牛座と蟹座は基本的には新しいものに否定的


基本的には未知のものに遭遇すると「面白そうだから取り入れちゃおう!」ということにはならず、まず否定から入ると思います。

他人から何かを提案されたり打診されたりといった場面では、そのアイディアのデメリットをすぐに見つけることができるでしょう。

牡牛座と蟹座は「外敵から身を守る能力」に長けた組み合わせですね。

スポンサーリンク

牡牛座と蟹座の相違点を解説


牡牛座と蟹座には共通点もあれば、相違点もあります。相違点を押さえておけば、より二人の相性は強固なものになっていくはず。

では、相違点はどのような点なのでしょうか。

牡牛座と蟹座の違いその1 判断の方法

守りの傾向が強い牡牛座と蟹座ですが、もちろん新しい意見を取り入れるということもあります。しかし新しいものを採用するか否かの判断基準は牡牛座と蟹座とでは異なっています。

牡牛座は「事実」に基づいて判断

牡牛座は徹底的に調べて事実を検証して自分の中で考えて納得して…と、時間をかけてじっくりと結論を出していきます。判断に必要な材料が自分の中で揃うまでには時間がかかります。

「時間がかかってもいいので納得できる答えを得たい!」という気持ちが牡牛座の中にはあります。

蟹座は「好き嫌い」ですぐに判断

蟹座は感情で動く傾向が特に強い星座です。好きなのか嫌いなのかでまず素早く判断してしまうでしょう。

いわゆる「勘」みたいなものでしょうか。

好き嫌いの感情がまず先にあって、そこから「なぜ私はこれが好きなんだろうor嫌いなんだろう?」と掘り下げて考えていくというのが蟹座のやり方ですね。

牡牛座と蟹座の違いその2 主語の違い

一言に「守りたい」と言っても「誰のことを守りたいのか」が牡牛座と蟹座の間では違っています。牡牛座と蟹座は「どのくらいの範囲の人間」を守りたいと考えているのでしょうか。

その違いについて見ていきます。

牡牛座は「私」が主語

牡牛座が守りたいのはずばり「自分」です。自分が快適であるか、自分が納得できるか。それが何より大切なことなんですね。

もちろんそれでもいいのですが、集団生活の中では「自分のことしか考えていない」というのは人の気持ちを傷つける面もありますね。「空気読めない」という評判も起こり得るでしょう。

蟹座は「私たち」が主語

一方の蟹座が守りたいのは「家族や自分が属している集団」です。しかし蟹座は自分なりの考えでその集団の代弁者のごとく振る舞う面もあるので、守りたい範囲が広がったからといって牡牛座より優れているということでもないんですね。

集団の中にはいろいろな人がいます。でもその集団が全て同じ一つの心で繋がっていなければならないと感じるのが蟹座なんです。

蟹座の性質って、自分の家族や属している集団以外を敵とみなすことで自分たちを守るという面もあります。例えばですが、国内で何かがあったときそれを他の国のせいだ!と言うような感じです。ヨーロッパの不景気は難民のせいだ、アメリカの不景気は移民のせいだ、みたいなやつです。

猫
一つの心で繋がった集団がいたらもちろんそれは素敵です。でも外側の人にとっては敵と思われ攻撃されてたまったもんじゃないな、っていうのもあるんですよね。
雑草の一花
雑草の一花
まあ何事にも一長一短あるってことで。

牡牛座と蟹座の違いその3 守る対象の違い

自分や自分たちの「何を」守りたいのか。それも牡牛座と蟹座の間では異なっています。

「これを守れば大丈夫!」というポイントが違うのですね。

牡牛座は物を守りたい

牡牛座が守りたいものはズバリ「目に見えるもの」です。身体・財産という、とてもわかりやすいものです。

確かにお金や体が万全だったらなんでもできるという考え方もあるでしょう。シンプルな王道な幸せの追求方法なのではないでしょうか。

猫
ただし度が過ぎて、ケチだと言われる人もいるので注意しましょう。周りとのバランスを大切に!
雑草の一花
雑草の一花
ちなみに私の周りの牡牛座はみんなケチというか…節約や貯金が楽しいんじゃないかと思います。そうしないと安心できないのかもしれません。でもその結果お金持ちになっている人も多いです。

蟹座は心を守りたい

蟹座が守りたいものは「心」です。「絆」といってもいいかもしれません。一つの心で集団がまとまった時にこそ蟹座は安心と幸せを感じることができます。

もちろん蟹座もお金は大事なんですけど…あまり蟹座の人はケチという風にはならない気がしますね。人の「絆」をキープするためにはあまりケチではダメだからかもしれません。

蟹座は仲間にはものすごく良くしてくれます。でも蟹座にはもれなく仮想の(?)敵がいます。

猫
なので蟹座の周囲の人間は「敵」の悪口をめちゃくちゃ聞かされる羽目になります…。
雑草の一花
雑草の一花
良くしてくれるのはありがたいんですがね〜。



スポンサーリンク

牡牛座が蟹座とうまくやっていくには?


牡牛座が蟹座の人と付き合う上で頭に入れておかなければならないのは「スピードの差」ですね。蟹座の人は先ほども書いたように感情ですぐ決めてしまい、決めたとなったらすぐに行動していきます。

その点が、牡牛座にとっては「せっかちだなー」と感じます。牡牛座の人はじっくり考えてから決めたいタイプですから、たびたび決断をせかされることになるでしょう。

蟹座の人は感情の浮き沈みは激しいです。牡牛座の人が煮え切らない考え中みたいな態度をとっていると爆発してしまうこともあるかもしれません。

牡牛座の人が感情的になった蟹座を落ち着かせるのは言葉だけではそう簡単なことではないでしょう。おすすめなのは「とりあえず何か食べる」とか、身体的な面でじわじわと蟹座の人に落ち着いてもらうということですね。

後はたとえ意見が違った時でも「蟹座の人はどう感じているか」をよく聞いて、認めてあげるということです。「あなたはこう思っているんだね」とおうむ返し的な一言があるだけでも全然違うと思いますよ。

否定から入ったり論理的に論破したりするのは火に油を注ぐ結果になりますから、やめときましょう。

スポンサーリンク

蟹座が牡牛座とうまくやっていくには?


蟹座から見ると牡牛座は「マイペース」というか「事なかれ主義」というか…蟹座の人が危機感や問題意識を持っているテーマにも「ふーん」みたいに鈍感な反応しか来ないことがありますね。

そのような態度をとられると「冷たいなあ」と感じて悲しくなることもあるでしょう。逆に妙に具体的なアドバイスをされてカチンとくることもあるかもしれません。

牡牛座は「共感する」ということがちょっと苦手な面があると思います。牡牛座は自分自身に降りかかったことや、事実ベースでしか物事を考えていないところがありますから。

しかし、牡牛座だって「時間」をかければ学習してくれます。自分が「こう思った・感じた」ということは紛れもない「事実」なのですから、まずそこをわかってもらいましょう。

自分の中の事実を牡牛座に突きつけ続けてみて下さい。「継続して何かを行う」というのは牡牛座にとって「こんなに長い間言っているということは何かの意味があるのでは?」と考えるきっかけになります。

恋愛もしかりです。牡牛座に一度振られてもしぶとくやっていきましょう。牡牛座にとってしぶとさはプラスポイントです!



スポンサーリンク

まとめ。牡牛座と蟹座とで安心・安全な場を作っていこう


牡牛座の「物を大切にする感覚」蟹座の「仲間を大切にする気持ち」は生きていく上でとても大切なものです。外敵から身を守り自分たちの生命と財産を守る、これは生きとし生けるものとしてとても基本に沿った王道の行動スタイルですよね。

牡牛座と蟹座の違いにばかり注目してしまいましたが、牡牛座と蟹座が良い相性なことは間違いありません。守りの姿勢ということでこれほど一致している組み合わせもないと思います。

おふたりで物と心、どちらも守っていきましょう。

雑草の一花
雑草の一花
牡牛座と蟹座、是非二人で力を合わせて安定した関係を築いていってくださいね!

牡牛座と他の星座との相性はこちら。

牡牛座と全12星座の相性まとめ。相性ランキングもあるよ!
こんにちは、元占い師ブロガー・「雑草の一花(@zassou_ichika)」です。 12星座の相性占いを全パターン...
タイトルとURLをコピーしました